不倫調査の探偵料金に関わる調査日数について

相手の様子がおかしいと感じたり、メールチェックの回数が増えたとなると、
気になる人ができたのだろうと疑ってしまいます。

 

不自然な行動は不倫を匂わせますし、
実際に不倫の事実がなくとも疑われるような行動は慎んでほしいものです。

 

疑いを持った時には、本当に不倫をしているのかどうか真実が気になるものです。
そのためには証拠が必要となりますので、探偵の出番と言えます。

 

調査のプロである探偵にとって、不倫調査は得意とする分野でもあります。
探偵を利用することで有利な証拠を得られるでしょうが、その料金は気になりますよね。

 

今回は料金に大きく関係してくる調査日数に説明しますので、参考になさってください。

 

調査する日数が調査日数、そのままの意味で、
基本的には証拠がつかめるまでの期間を指します。

 

探偵に依頼するにあたってこの調査日数が料金に大きく関係します。
成功報酬では影響してきませんが、調査日数が多ければ
時間単価や一日単価となると料金が増えていくのが普通です。

 

 

探偵事務所に料金を訪ねるときに「不倫調査はいくらかかるのか」という質問は全く意味のない質問になります。
依頼する段階での情報量によって必要となる調査日数が変わりますので、
まずは現状の情報量を伝えるようにしましょう。

 

調査日数を最低限にすることで料金は安く抑えられますので、
探偵に依頼する前に何かしらの情報を自分で押さえておくのも一つの手ですよ。