不倫調査が3名体制の理由

実際に探偵が調査をしている現場を見たことがあるという方は中々いらっしゃらないと思います。
テレビドラマの世界だと思っている方もいるかもしれませんが、
実際は気づいていないだけであなたのすぐそばで調査が行われていたことがあったかもしれません。

 

さすがに探偵ドラマのようなドラマティックであからさまな調査はしませんが、
街中に紛れ込んで調査をしており、そのことに気づかなほど馴染んで調査をするものなのです。

 

近年は依頼件数が右肩上がりで探偵事務所も人気が出ており、
特に不倫調査はかなり件数が増えているのです。

 

事務所ごとで料金設定は異なりますが、
不倫調査は基本的に3人1組での調査が基本となります。
なぜ3人1組なのかご説明します。

 

不倫調査では主に尾行が重要となります。
街中を尾行するにあたって3人交代で尾行し、
バレるリスクを引き下げているのです。
1人がずっと尾行していてはさすがに不自然だとなりますよね。

 

また不測の事態では2人では対応が難しいことも多いので、3人体制となっているのです。
例えば複数出入り口がある場所に調査対象が入ってしまうと見失ってしまう可能性もあります。

 

死角に対応するにもやはり3人体制のほうが万全であり、
調査をスムーズにすることにも繋がります。

 

調査員の人数が多いほど費用がかかりますが、
リスクは抑えられますので料金も気になるところですが確実に証拠を得るためにも3人体制は大事なのです。